北九州市小倉北区の歯医者さん あさひ歯科のインプラント

.jpg近年様々な媒体で盛んに見かけるようになりましたが、技術の進歩とともにブリッジ、入れ歯に代わる歯として、失われた歯の治療のオプションに組みこまれるようになりました。
 

.jpgインプラント治療は失われた歯の部分の骨に、チタンという体にやさしい人工歯根を埋め込み、その上に冠をかぶせます。最近では技術の進歩とともに、成功率も格段に高くなりました。

きちんとブラッシングができ、ちゃんとしたかみ合わせも考えた上でインプラント治療という選択肢をご提供できるものと考えています。

的確な診断のもとに治療を受けられることをお勧めします。

インプラントもメインテナンスを怠ると、歯周病と同様の症状がでる場合がありますので、自分の歯と同じように大切に管理して下さい。 

インプラントを入れ歯の支として用いる方法もあります


術式

12101.png
①骨に穴をあける
12102.png
②インプラント埋入

 

12103.png
③土台をつける
 12104.png
④冠をかぶせる


 


《メリット》

 ・自分の歯のような感じで違和感なく使える
 ・ブリッジのように隣の健康な歯を削ったりする必要がない
 ・入れ歯のようにとりはずす必要がない
 ・よく噛める
 

 《デメリット》

 ・治療期間がブリッジや入れ歯に比べて長い
 ・保険が使えない (自費治療)
 ・全身の健康状態や骨の状態によってできない場合がある

 

北九州市小倉北区の歯医者さん あさひ歯科の義歯

様々な理由で失われた歯を人工的に補う方法です。

ブリッジ

失われた歯の両側の歯を支えにして、かぶせて、つないで失われた歯を作る方法です。取り外すことはできません。歯の状態、使う材料、設計etcにより様々な種類があります。支えになる歯の健康を第一に考えて設計することが大切です。

1.jpg  2.jpg

 

部分入れ歯

残っている歯にバネをかけて、失われた歯の部分に人工の歯を作る方法です。取り外すことが可能です。

1.jpg  2.jpg

★当院ではバネのない特殊義歯(ミラクルデンチャー)を取り扱っています。

現在までいろいろな義歯を取り扱ってきました。いいところもありましたが、しっくりいかないことも多々ありました。

この義歯に出会って驚いたことは、今までの義歯にない発想から生まれたものであり、残っている歯に対して非常にやさしい義歯であるということです。もちろんブレないし、しっかり噛めます。またバネがないため見た目もきれいです。            

何らかの原因でインプラントが入れられない人、今までの義歯に満足していない人は一度お試し下さい。 

ミラクルデンチャーについてはこちらへ⇒

 

総入れ歯

全ての歯を失った時にとる方法です。安定感を得るためには基本的な大きさが必要となります。現在ではインプラントを支えにして安定感を得る方法により、義歯を小さくすることができます。

.jpg