北九州市小倉北区の歯医者さん あさひ歯科の矯正

.jpg矯正を希望する人の多くは美容上の理由からという人が多いですが、歯並びが悪い(乱ぐい歯、出っ歯、受け口など)とあごがずれたり、悪いかみぐせがついたりし、発育に悪い影響を与え、ひいては心理的にも負担を与えることがあります。

当院では発育期に応じた最適な治療法を行うよう心がけています。近年、見た目、歯周病や虫歯の予防の観点から矯正をする人が増えています。簡便な装置(床矯正あるいは、部分的な矯正)で治るものを中心に当院では行っています。

診査、診断により、適切な治療法を選択することが大切です。

移動させた歯は不安定なため後戻りをしようとします。そのため後戻りを防ぐため一定期間、保定装置(マウスピースのようなもの)を装着してもらうことがあります。 

 

あさひ歯科の審美・ホワイトニングについて

.gif歯の色は一般的には黄色味のあるアイボリー色です。真っ白でないからといって、必要以上に悲観する必要はありません。しかし、飲食物、タバコ、嗜好品、加齢、薬剤の影響、外傷etcが原因で不健康に見えてしまう場合があります。当院では以下の方法で歯の色をより白くなるようにしています。

 

① ホームブリーチング

自然な感じで歯を白くする方法です。歯をクリーニングした後、お口に合うマウスピースのようなものを作成し、その中にジェル状の漂白用の薬を入れ、自宅で1日1~2時間装着してもらいます。 期間は約2~3週間です。

② ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、その削った面に白い色のセラミックを装着して白くします。
 (ホームブリーチングで思ったように白くならない人にお勧めします)
軽度の悪い歯並びもこの方法できれいな歯並びにすることができます。

③ セラミック・ジルコニア

金属の詰め物より白い方がいい場合、大きな虫歯があり部分的な詰め物で治療できない場合、もともとかぶせ物をしていて古くなり変色している場合は、セラミック、あるいはジルコニアで作製したきれいな詰め物やかぶせ物をして白くすることができます。 

現在は技術の進歩によりCAD/CAMで作成された詰め物、かぶせ物が主流になっています。

 

※尚口元をきれいにするには、歯の白さだけではなく、歯茎が健康であることも重要な要素です。